髪の毛を太く元気に

育毛剤を構成している栄養素とは?

育毛剤にはどのような栄養素が入っているのでしょうか。
それぞれのメーカーが販売している育毛剤によって含まれている生徒は様々ですが、有効成分としてミノキシジルは有名です。
もともとは血圧を下げるための薬に使われていた成分で、効果が強いです。
効果は強いのですが、濃度が高くなると軽く副作用が出てしまうようなこともあるので、ほどほどの濃度が良いと考えられています。

イチョウエキスも育毛剤ではよく使われている成分です。
自然由来の植物性育毛剤ならば、安心して使うこともできるでしょう。
男性ホルモンを抑制するような成分の入っている育毛剤も多いですし、メーカーによって商品によって様々なので成分表を確認してより良いものを選ぶようにしましょう。
育毛剤には、栄養素ばかりではなく添加物の入っているものも多いです。
添加物は化学薬品ですし、それだけで頭皮にダメージを与えてしまう原因にもなります。
敏感肌の人は添加物に反応してしまう可能性が高く、アレルギー反応が出てしまうことも多いです。

そうなると育毛剤を使うことはできませんよね。
添加物が嫌な人は、或いは敏感肌の人は、無添加の育毛剤を選ぶようにしてみてはどうでしょうか。
植物性由来の育毛剤ならば添加物の入っていない商品も多いですし、頭皮にダメージなく長く続けることができます。
育毛剤は、この先もずっと使っていかなければならないものです。
だからこそダメージの少ない商品を選ぶ必要があるでしょう。

育毛剤には添加物の入っているものも多く、プロピレングリコールという添加物が有名です。
アルコール系の添加物で刺激が強く、濃度の高い育毛剤は避けたほうが良いかもしれません。
アルコール系の成分が入っている育毛剤は、つかった時にすっきりして気持ちが良いです。
しかし、頭皮へのダメージの大きいものも多いので頭皮環境を悪化させてしまう可能性があるでしょう。
気持ち良さで選ぶのではなく、育毛効果があるかないか、それで選んでいかなければなりません。

Copyright(C) 2013 強い髪を取り戻す All Rights Reserved.