髪の毛を太く元気に

育毛剤は化粧品に分類されるの?

育毛剤を分類すると、化粧品になります。
ヘアケア関連の化粧品になり、化粧品コーナーで販売されていることも多いでしょう。
育毛剤が化粧品というイメージは少ないですが、ドラッグストアやスーパーで育毛剤を見るときには化粧品コーナーの近くの場合が多いので、注意しながら探すとすぐに見つけられるのではないでしょうか。
どうして育毛剤が化粧品に分類されるのでしょうか。

余りにもイメージがかけ離れていますよね。
化粧品といえば女性が使っているファンデーションやアイライナー、口紅やチーク、または化粧水や乳液、美容液やクリームなどの基礎化粧品のイメージが強いです。
育毛剤は、まさに基礎化粧品みたいな存在だと考えられています。
髪の毛にとっての基礎化粧品なのです。
ヘアケアしたいと考えているのであれば、基礎化粧品としての育毛剤をまずは使っていくべきかもしれません。

髪の毛を元気に保ってこそ、ヘアスタイルを楽しんで行くことができるからです。
育毛剤でも、化粧品ではなく医薬品に分類されている商品は多いです。
例えば医薬品として実際に使われている有効成分ミノキシジルなどが含まれているような場合は、医薬品になります。
医薬品の育毛剤にはそのように効果的な成分の使われていることも多いですが、成分の配合が強いと副作用の出てしまうこともあるので、副作用が怖いという人はまずは医薬部外品の化粧品に分類されている育毛剤を使っていくと良いのではないでしょうか。

医薬部外品の化粧品に分類されている育毛剤も十分に効果がありますし、使っていて育毛効果を実感することができるはずです。
医薬品も医薬部外品も効果がなかったような場合は、最終手段としてクリニックにいくのも一つの方法でしょう。
クリニックならば発毛剤を出してもらうこともできますし、植毛してもらうことも可能です。
いきなり植毛となるとかなり勇気が必要となるので、まずは発毛剤から試すとクリニックのハードルが低くなるはずです。

Copyright(C) 2013 強い髪を取り戻す All Rights Reserved.