髪の毛を太く元気に

育毛剤と発毛剤の相違点は何?

育毛剤と発毛剤は違う商品です。
入っている成分が全然違うので、それを理解しておきましょう。
育毛剤と発毛剤が同じだと思っている人は意外と多いです。
確かに名前は似ていますし、受けるニュアンスも似ていますが、成分が違うので目的も違います。
育毛剤と発毛剤の相違点を知り、自分に合う方を使っていくと良いでしょう。

育毛剤と発毛剤の相違点は何なのでしょうか。
まず育毛剤は、今ある髪の毛を元気にするという目的で使われる商品です。
発毛剤は、なくなってしまった髪の毛を生やすための商品です。
つまり、育毛剤で新しい髪の毛を生やすことはできないのです。
育毛剤を使うことで新しい髪の毛を手に入れることができると思っている人も多いですが、そうではないと言うことを理解しておきましょう。
育毛剤で産毛のような弱々しい髪の毛を強くすることにより、髪の毛の密度が濃くなり、薄毛やはげを改善していくことが可能です。

また、頭皮環境が整うので新しい髪の毛を期待することもできますが、とりあえず育毛剤の目的としては新しい髪の毛を生やすところにないので、新しい髪の毛を生やしたいと考えているのであれば育毛剤ではなく発毛剤になるのです。
育毛剤はドラッグストアや薬局など様々な所で購入することができますし、欲しいと思ったときすぐに始めることができます。
発毛剤は、そのように簡単に手に入るわけではありません。
発毛剤は専門のクリニックにいかなければ処方してもらえないのです。
石のカウンセリングを受けて、その上で処方してもらう薬になります。

薬なので、副作用もあります。
そして、育毛剤に比べるとかなり値段も高くなります。
発毛剤はとても効果的だと言われていますが、そのようなデメリットもあるのです。
その点育毛剤は安心安全で使っていくことができて、またハードルが低いので人気が高いです。
まずは育毛剤を使ってみてだめならば発毛剤、そのように始める人も多いので自分の都合に合わせて考えてみるのも一つの方法かもしれません。

Copyright(C) 2013 強い髪を取り戻す All Rights Reserved.